二十世紀梨は、花が咲いて交配し、ごく小さな果実の頃より収穫を迎えるまで、そのほとんどの期間を果実袋の中で過ごします。その厳重な袋の中で農薬や害虫等から常に守られています。安全・安心な果実を皆様にお届けしております。

1.交配作業(4月中旬)
他の品種より花粉を採って、小筆を使い二十世紀梨の花に花粉を付けます。失敗すると実がなりません。何より重要な作業です。花は60万花咲いており、そのうち23万花に1花1花手で交配します。
(平均的な農家)
.摘果作業(5月上旬)
5~6つの小さな果実の中から、形が良く、綺麗な果実を一つ残します。豆知識 「サラカムリ」と呼ばれる梨の尻に「皿」が乗っかったような果実が、丸くて一番美味しい梨になります。
3.小袋掛け作業(5月上旬~中旬)
農薬、害虫等から果実を守るため、摘果後直ちに小袋を掛けます。7~8万袋程度。(平均的な農家)
4.大袋掛け作業(6月上旬~中旬)
果実が大きくなるので、2回目の袋を掛けます。
2重の大袋です。
5. 収穫(8月下旬~9月中旬)
毎日5,000果をもぎ取って、コンテナ詰めし選果場に出荷します。(平均的な農家)
6. 荷受(確認風景)
選果が始まると毎日5,000箱のコンテナが選果場に集まって来ます。
7. 除袋
機械でざっと袋をはずしますが、残りは手作業で袋をむきます。
8. 軸切り
動くコンベアーの上で傷を付けない様に丁寧に軸を切っていきます。
9. 選果
形・色・病害の有無などを基準にあわせ、糖度・果肉の度水浸度、重量を計るセンサーで精密に選果し、さらに人の手によって厳選選果されます。
10. 箱詰
機械で大きさの選別をした後、色具合を合わせながら箱に詰めていきます。
11. 箱積み出荷
規格ごとに仕分けし、全国各地に出荷されていきます。